1. オーボエリードの扱い方

<オーボエリードの扱い方> その1〜演奏前の準備

  • 乾燥している状態で、そのまま息を入れても音がでません。 小さな容器に(フィルムケースなど)に水を15mm位入れ、 先端を壊さないように気をつけて3~5分位つけましょう。
  • 新しいリードは水につけると先端の開きが大きくそのままでは演奏できないので、親指と人さし指の腹で削ってある部分(スクレープ)を上下からやさしく揉むように押して、開きが0.7~1mmになるようにする。 初心者で、うまくコントロールできない時は開きを0.5mm程にする。 あまりせまくしてしまうと息が入らなくなってしまうので気をつけてください。
  • ダブルリードは針金の結び目のある側などによって、張りの強さが変わってきます。 リードの上下を決めて吹きましょう。
  • リードのチューブのコルクの部分をしっかり持って、真直ぐに楽器に入れてください。 糸の部分やテープの部分、木がむき出しになっている部分を持つと、リードが全体的にゆがんだり、上下がずれたり、リードが欠ける原因になります。

<オーボエリードの扱い方> その2〜リードの後片付け

  • オーボエリードの平均寿命は約30時間ですが、演奏後の処置をする事で多少は長持ちします。 また、一本のリードをダメになるまで使うより、3本位のリードをローテーションを組んで使用する事で5割ほど寿命がのびます。
  • リードのコルク部を親指と人さし指でしっかり持ち、リードチューブの下部を水道の蛇口にあてて水を通し、内側を洗浄する。
  • 洗浄した後は必ずリードケースにしまう事。 MANリードやその他の楽器店でもある、買った時についてくるチューブケースにそのまましまうと、カビなどの原因になります。
    !注意!鳥の羽は注意して使用しないと先端を壊してしまったり、本番直前に鳥の羽で掃除をしてしまうと今まで吹いていたのと全く違う感じのリードになってしまう事があるので気を付けよう。小さなものがつまった時はチューブのコルク部から強く息を入れて取り除こう(笑)演奏する前に歯を磨こうね。

<オーボエリードの扱い方> その3〜リードのコルク部分の太さ調節

  • オーボエリードのコルク部分がキツくて、楽器のソケットにいれにくい時はという時は、コルク部分を削りましょう。 320~400番の耐水ペーパー(紙ヤスリ)を27cm位に切って、コルク部にあてて

  • コルク部分に巻き付けます
  • リードをクルクル回して削り、自分の楽器に合うように太さを調整します

    !注意!コルク下部が細くならない様に均等に削ること。また細くなり過ぎて、ゆるゆるも要注意。もう一つ、オーボエリードのコルク部にはコルクグリスは塗らない事。ソケット直下のオクターブホールにゴミが付きやすくなるからね。

*注:このページの画像・文章はMan Double Reed Products 市原満のオリジナルであり、無断に印刷やリンク、一般配付する事を禁じています。御使用になる際はMan Double Reed Productsまで御連絡ください。