1. リードギーク"ダブルギーク"の取り扱い方法

ReedGeek"DoubleGeek"|リードギーク"ダブルギーク"について

シングルリード向けに作成されたReedGeek の技術をそのままに、ダブルリード向けに開発されました。
表面をブラックダイヤモンド加工で削りやすく、また、ダブルリードのリード削りに最適なハンドル2種類を付属。レジェールにも使えます。
エッジで削るので初心者でも扱いやすく、リード調整の失敗も少なくなります。
刃物ではないので怪我の心配もなく、学校に持って行くことも、飛行機への持ち込みも可能です。
made in USA
We are very happy to have Man double reed shop offering our great ReedGeek "DoubleGeek" reed tools to the double reed players of Japan. Our DoubleGeeks are a perfect compliment to tailor Man oboe reeds to a players liking with precision and ease.  ReedGeek reed tools are 100% US-made using the finest aerospace alloys.  Thanks Mr. Satoko for offering ReedGeeks with your fine oboe reeds! Mauro Di Gioia President & Founder ReedGeek, Inc.

ReedGeek"DoubleGeek"|ダブルギークの取り扱い方

入っているもの

  • オーボエリード調整ダブルギークダブルギーク本体(ブラックダイヤモンド仕上げ)
  • ハンドル2種
  • ネオプレンバック

  • メンテナンス オーボエリードの調整リードギークのバック

  • ダブルギークはブラックダイヤモンド仕上げで、研ぐ必要はありません(研ぐことはできません)。
  •    
  • 付属のネオプレンバックにはマイクロファイバークリーニングクロスが縫い付けられています。付着した削りカスなどはそれで取り除いてください。

  • 削り方

  • オーボエリードの調整ツールDoubleGeekのハンドルハンドルは回して外し、簡単に付け替えが可能です。ステンレスのハンドルは程よい重みがあり、リードの上にダブルギークを乗せ、力を入れずに滑らせるだけで削る事ができます。黒いハンドルは手にフィットしやすいサイズで、思い通りに動かしやすく力の伝わり方がダイレクトなので、細かい部分の調整に向いています。

  • オーボエリードの調整ReedGeekのアップダブルギークの先端には、リードの精密なバランス調整などに使用できるカーブした部分があります。このカーブにより、ピンポイントで削ることができます。

  • オーボエリードの調整リードギークの刃
  • 両側にはリードの全体を調整するのに使用できる、輪郭付きのカーブと直線部分があります。これらは、表皮を削ることも可能です。
  • 上記に限らずどこのエッヂでも削ることができるので、自分なりの削り方を見つけてください。

  • 紹介動画(YouTube)
    ReedGeek"DoubleGeek"|リードギーク「ダブルギーク」 話題の黒い棒 使い方その1
    ReedGeek"DoubleGeek"|リードギーク「ダブルギーク」 話題の黒い棒 使い方その2
  • ReedGeekのHP

  • 注意

  • 人に向かって投げたり、叩いたりしないようにしてください。
  • エッヂ部を強く握ったりすると、怪我をする事があるのでご注意ください。
  • *注:このページの画像・文章はMan Double Reed Products 市原満のオリジナルであり、無断に印刷やリンク、一般配付する事を禁じています。御使用になる際はMan Double Reed Productsまで御連絡ください。

    YouTubeチャンネルmandoublereedでは週末不定期に行なっているオーボエリード調整&相談会インスタライブのアーカイブやDoubleGeekを使ってのリードの調整、オーボエの基礎練習、ヒンケの伴奏音源など配信をしています。(随時更新中)