1. Man Ichihara Produce 市原満からのお知らせ・プロフィール

お知らせ

JDR 第60回オーボエリードメーキング講座のお知らせ


オーボエ市原満
  • 場所:日本ダブルリード株式会社「JDRサロン」
  • 日時:
  • 料金:3,500円
    ※JDRにて直接楽器をお求めの方:3,000円 
    ※OB協会会員:3,300円
  • 講習内容:舟型ケーンから完成リードまでの実習 現在ご使用の完成リードの調整の仕方
  • 受講人数:15名(要予約 定員になり次第締め切り)




  • 持ち物:
    ◆舟型ケーンから製作までに必要な材料
    (ケーン、チューブ、糸、ワイヤー、フィッシュスキン又はリードラップ、ラッカー、イーゼル等)
    ◆工具
    (プラーク、ナイフ、マンドレル、ペンチ、リードカッター又はカッティングブロック、定規、はさみ、筆記用具)
    ※かまぼこ型ケーンから製作をご希望の方はシェーパーをご持参ください
    ◆現在ご使用の完成リード
    ◆ご使用の楽器
【詳細・お申込み・お問合せはJDRのHP http://www.jdri.jp/only/ob/2190.htmlで】

プロフィール

manichihara

市原 満(MAN ICHIHARA)

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。
80年東京芸術大学音楽学部別科修了。
同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。
ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル)、ミュンヘンで故マンフレット・クレメント(バイエルン放送響)の各氏に師事。
86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。 NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル(音楽の友社)・ワンポイントレッスン(2002年)、「MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ」(全100回)の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
オーボエリードの製作販売では、オーボエリードを全国展開で販売してもうすぐ30年。2009年にはインターネットでの販売も開始し、長年培ってきた経験とオーボエ奏者として研究を重ね、日本でのオーボエリード製作・販売の第一人者としてプライドを持って、最高の材料でオーボエリードを製作・販売しています。 日本オーボエ協会常任理事、玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。